「マネジメント力不足」「定着率の低さ」にどう対応するか?飲食店が抱える人事問題の解決方法とは?

業界の賃金水準

下記は、「厚生労働省 平成24年賃金構造基本統計調査」をもとに、年齢ごとの賃金水準をデータ化したものです。点線は全産業、実線は飲食業を表しており、飲食業は全国、東京(最低賃金で最高値)、鳥取(最低賃金で最低値)を示しています。

他業種との差

1. 全産業では、賃金のピークが50歳あたりであるのに対し、飲食業は40歳前後である

2. 飲食業のピーク賃金は、全産業のピーク賃金の2/3程度である

3. 30代後半までの上昇カーブは飲食・全産業ともに変わりないが、それ以降で大きく差が開く

4. ピーク賃金と30歳賃金を比べると、全産業は70%程度、飲食業は80%程度である

5. 同じ飲食業でも、東京は全産業に近い賃金カーブを描いている

人事制度の策定方針

1. 安心して働ける賃金カーブの実現    優秀人材が適切に残り、水準が上昇する賃金制度

2. 正社員の賃金水準アップ  生産性の向上、パート・アルバイト比率アップ

3. それらを“見える化”し、しっかりと社員にPRする  キャリアパスとモデル賃金の作成

レストラン、居酒屋、ファーストフード店、ファミリーレストラン、焼肉店、回転すしチェーンなど、飲食店が抱える人事問題の解決を
支援します。ご質問やご相談はお気軽に下記へお問合せください。

お問合せはこちら

0120-370-772

Page Top