「マネジメント力不足」「定着率の低さ」にどう対応するか?飲食店が抱える人事問題の解決方法とは?

業界の賃金水準

下記は、「厚生労働省 平成24年賃金構造基本統計調査」をもとに、年齢ごとの賃金水準をデータ化したものです。点線は全産業、実線は飲食業を表しており、飲食業は全国、東京(最低賃金で最高値)、鳥取(最低賃金で最低値)を示しています。

他業種との差

1. 飲食店の賃金水準は、全産業を大きく下回る傾向にある

2. 全産業のピーク賃金は50代であるが、飲食店のピーク賃金は、40代である

3. 飲食店のピーク賃金は、全産業と比べて約0.7倍である

4. 東京都の飲食店の賃金水準は、全産業と比べて、やや下回るもののピークが同じ傾向である

人事制度の方針に活用

他業種と比べて低い賃金水準

  早い段階で優秀人材を昇格昇給させる仕組み

  適正な評価と処遇反映、教育機会の充実

  生産性の向上、パート・アルバイト比率アップ

レストラン、居酒屋、ファーストフード店、ファミリーレストラン、焼肉店、回転すしチェーンなど、飲食店が抱える人事問題の解決を
支援します。ご質問やご相談はお気軽に下記へお問合せください。

お問合せはこちら

0120-370-772

Page Top